包茎手術をする前に確認したい事について説明します。
①費用②アフターケアの充実③手術の内容です④誰が手術を行うのか、手術を考えている人はチェック項目を確認しておきましょう。

まず、費用についてです。
包茎手術は、症状、病院によって費用が大幅に変わります。
保険が適用されない手術で一般的なものが10万から30万、長茎術で大体20万から40万、他のクリニックで受けた手術に納得がいかず他のクリニックで修正する場合は15万から30万、包皮と亀頭の癒着剥離では30万から100万ほどが目安です。
最近は、医療法人化することで費用を安く抑えているクリニックが多く、人気を集めています。
しかし、低料金を掲げているクリニックの中には、手術の直前や手術中に、追加のオプションを勧め、はじめに提示していた料金を大幅に超える高額な請求をするケースもあります。
そのため、事前にクリニックの評価を確認しておくことが大切です。
また、泌尿器科では、症状によっては、保険を適用して包茎手術が受けられる場合もあります。
保険を適用すると大体2万から5万円で手術が受けられます。
ほとんどの医療機関では、手術費用をホームページで確認する事が出来るので、事前に見ておく事をおすすめします。

次に確認したいことは、アフターケアの充実についてです。
跡が残る等、手術に失敗した場合のフォローについてはよく確認しておくべきです。
また、自責の範囲についても確認をしておきましょう。
手術前にカウンセリングを行う場合が多いので、そこで確認をしておくと安心して手術を受けられます。

また、手術の内容や、誰が手術を行うのかについても確認しておいた方が良いです。
口コミやクリニックの評価等をよく調べて、クリニックを判断しましょう。

以上のチェック項目を確認した上で、最も安心して手術が受けられると考えられるクリニックを選びましょう。